健康

節約のために甘酒を自作したら市販のものより安いし味も良く満足感が得られた!!

甘酒は「飲む点滴」といわれるほど身体に良く,私は特に口内炎の予防に効果的なため,毎日飲んでいます。
しかし,市販の甘酒は費用が高く毎日飲むと費用がかかるため,節約のために甘酒を自作することにしました。
本記事は,実際に甘酒を自作した体験を踏まえ,甘酒を自作するメリット・デメリット,作り方等をまとめたものです。

この記事は以下の人に向けたものです

・甘酒が好きな人
・甘酒の費用を抑えたい人
・甘酒を自分で作りたい人

1. 甘酒の自作はアリかナシか?

結論としてはアリです。

市販のものを購入するより値段が安いうえ,甘さ控えめで美味しいためです。また,自分で作ったという満足感も得られます。

今後は,時間があるときは自作で,そうでないときは市販の甘酒を購入しようと思っています。

それでは,このように思った理由を以降に記載します。

 

2. 甘酒を自作するメリット

甘酒を自作するメリットは,以下のとおりです。

2.1 費用が安い

一番のメリットは「価格が安い」ことです。

市販の甘酒だと,私が好んで飲んでいるコスパの良い以下でも900mLで600円程度です。

ところが,自作すると,以下のとおり,光熱費込みでも900mLで300円程度です。

どの米麹をつかうか,使用する米麹の量,お米をいれるかどうかによって値段が変わってきますが,市販の甘酒の半分程度の費用になります。

甘酒を自作するための材料(市販甘酒と同量の900mL)

・米麹(200g程度) ・・・ 約200円
・お米(150g程度) ・・・・約50円(入れずに作ることも可能)
・光熱費・水道代 ・・・・・ 約50円

 

2.2 甘さがまろやか

市販の甘酒は無添加のものでも甘味が強いです。この強い甘さを苦手とする人もいます。

しかし,自作の甘酒は甘さがまろやかで,飲みやすくなっています。

甘さの度合いは好みで分かれると思いますが,私はまろやかな自作の方が好きです。

2.3 自作することによる満足感が得られる

市販のものを自作することで,満足感が得られます。

また,添加物などを使用していない安心感もあります。

この感覚は,甘酒に関わらず,パンやヨーグルトも同様で,場合によっては価格以上にメリットになります。

3. 甘酒を自作するデメリット

甘酒を自作するデメリットは,以下のとおりです。

3.1 時間と手間がかかる

一番のデメリットは,時間と手間がかかることです。

調理に20分程度必要です。意外と簡単に作れます。ただし,調理後,発酵させるために8時間程度保管する必要があります。

つまり,発酵時間が必要なため,調理後すぐに飲めません。

3.2 市販のものより甘さが弱い

自作の甘酒は,市販のものより甘さが弱いです。

甘酒に甘さを求めている人にとっては物足りないかもしれません。

ただし,乾燥麹ではなく生麹を使うこと,麹と合わせてお米を入れることで,

4. 甘酒の作り方

4.1 必要な材料・道具

必要な道具,材料は,以下のとおりです。

発酵時に温度を保つ必要があり,今回は最も手軽な魔法瓶を使います。

準備する調理器具・材料

【調理器具】
・魔法瓶(炊飯器,甘酒メーカーでも可)
・温度計
・調理器具(鍋)【材料】
・米麹(生もしくは乾燥)
・米(入れなくても良い)
・水

4.2 甘酒の作り方

自作手順は以下のとおりです。

失敗するとすれば,②の温度管理がうまくできていない場合がほとんどです。

甘味が弱すぎると思ったら,②の温度が65度より高すぎたり・低すぎたりしています。

 

  1. 鍋に水(600cc)と炊いた米(150g)を入れます
    (炊いた米は入れなくても作れます。)
  2. 65度まで加熱し,65度になったら火を止めます。加熱しすぎたら65度になるまで人止めて待ちます。この温度管理が最も重要なため,必ず温度計で温度を確認します。
  3. 米麹(200g)を鍋に入れて,かき混ぜます
  4. 8時間程度発酵させます。発酵を促すために,発酵中に1~2回ほど魔法瓶を振って混ぜたほうがいいですが,混ぜなくても甘酒は作れます。
  5. 時間になったら別の容器(瓶やタッパー)に入れて,冷ました後に冷蔵庫に保管。

 

簡易的に甘酒を作るなら魔法瓶がオススメで,以下は中の温度が冷めにくいのでうまく発酵がしやすいです。

私は登山で,この魔法瓶にお湯を入れて,頂上でカップラーメンを食べるために使っていますが,甘酒の自作でも活躍しています。

5. まとめ

本記事では,甘酒を自作することのメリット・デメリット,甘酒の自作手順等について,ご紹介しました。本記事のまとめを以下に記載します。

  • 甘酒を自作することで,市販のものより半分程度の費用に抑えられます。
  • 甘酒を自作するメリットは,費用が安い,甘さがまろやか,自作することで満足感が得られることです。
  • 甘酒を自作するデメリットは,時間と手間がかかる,市販のものより甘さが弱いことです。
  • 甘酒の自作に必要な調理器具は,魔法瓶(もしくは炊飯器,甘酒メーカー)です。必要な材料は,米麹(生もしくは乾燥),米,水です。
  • 甘酒の自作は,20分ほどの調理時間が必要で,その後発酵に8時間程度必要です。

 

甘酒を毎日飲み続けて実感できた効果(予想以上の効果があった!!)健康のために試験的に毎日飲み始めた「甘酒」について,口内炎,便秘,肌荒れへの効果が実感できました。特に,口内炎には効果的でした。その体験...
無添加の甘酒8種類の飲み比べからオススメを紹介 甘酒を継続して飲むことで,口内炎の予防・治癒,肌荒れの解消(美肌効果),便秘の改善などの効果が実感できたことから,健康のためにほぼ毎...