その他

うつ防止のため日焼けサロンに通った【日サロ初心者の体験談】

休みがほとんどなく一日中オフィスで仕事をしていた時期があり,その時に精神的に参っていたため,うつを予防・防止するために日焼けサロンに通ってみることにしました。結果は,日焼けサロンに通うことで,精神的に安定することが実感できたので,その効果,日焼けサロンの通い方について,本記事でお伝えします。

1. 日焼けサロンに通おうと思った理由【うつ抑制】

私が日焼けサロンに通おうと思った理由は,うつを予防したかったためです。簡単にその時の状況を説明しましょう。

私は,朝から夜遅くまで会社内で仕事(パソコン作業)をしていたため,太陽光を浴びる機会がほとんどありませんでした。しかも,仕事の納期に追われ,強いストレスを感じていたため,うつになるかもしれないと心配をしていました。実際,会社内には,「うつ」になって休職する人が一定数いました。

日中は,土日を含めどうしても仕事があるため,夜の遅い時間でも日焼けできる方法を探した結果,「日焼けサロン」に通うことにしました。

日焼けサロンといえば,ギャル・ギャル男かボディービルダーが通うところだと思っていたので,抵抗感があったのですが,メンタルが安定することへの期待感と新しいものを見てみたいという好奇心から,ドキドキしながら初めて日焼けサロンに行ったことを覚えています。

行ってみて思ったことは,一度行けばその後は抵抗なく通えるということが分かりました。他のお客さんに普通の会社員っぽい人もいましたが,日焼けサロンって,受付で店員と顔を合わすか(無人の店もある),シャワー後に髪の毛を乾かす際に洗面台で他の客と顔を合わせくらいで,基本は人とあまり合わない利用形態となっています。なので,あまり他の人の目は気にならないですね。

とはいえ,日焼けサロンに初めて行く人はその利用方法が分からないと思うので,利用の流れについては,本記事の3.で説明します。

2. 日焼けのメリット・デメリット

次に,日焼け(紫外線を浴びる)のメリット・デメリットを以下に示します。

紫外線というと皮膚がんになりやすいなどのデメリットが強調されがちですが,実は健康に良いメリットもあります。例えば,以下のHPでは,日焼けの効果が記載されています。

南雲先生が提唱する光がもたらす医学的効果
https://so-le.com/media/uncategorized/a15


もちろん紫外線の浴び過ぎは問題ですが,健康のために普段から毎日数十分程度の日光浴をすることが推奨されています。

 

2.1 メリット

①ストレス解消,うつ予防

紫外線を浴びると,幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が体内で分泌されます。これにより,精神が安定するとともに,ストレスに強くなります。その結果,うつを予防・抑制することができます。

②丈夫な骨,免疫力向上

紫外線を浴びることで,体内でビタミンDが生成されます。ビタミンDは骨や筋肉の成長に必要であり,骨粗しょう症や高血圧,糖尿病,心疾患など,様々な病気になりにくくなるうえ,免疫力が増加します。

 

2.2 デメリット

①シミ・シワの増加

紫外線を浴びすぎた場合,しみ,くすみ,しわ,たるみなどを引き起こす恐れがあります。日焼け後に化粧水をつけたり,ビタミンCを摂取するなどのケアが必要です。

②皮膚がん等のリスクの増加

紫外線を浴びすぎると,長期的には皮膚がんのリスクが増加するとされています。短期的にはメリットの多い日焼けですが,浴びすぎには注意が必要でしょう。

 

3. 日焼けサロンの利用方法

一般の人は,日焼けサロンに行ったことがないと思いますので,私の経験談を踏まえ,利用方法を簡単に解説します。私が通ったのは2020年1~2月です。

 

【私が通った日焼けサロン】

私は,全国に店舗があるTHE SUN LOUNGE(ザ・サンラウンジ)」という日焼けサロンに通いました

一度会員になれば,全国どこのお店でも使えます。24時間営業の店舗もありますが,最初は会員カードを作ってもらったりしないといけないので,店員がいる時間に来店する必要があります。会員カードを作れば,24時間営業の店舗だといつでも利用できるので便利です。

 

【利用方法の流れ】

以下は,私が行ったことがある「ザ・サンラウンジ」の利用方法について記載します。

 

  • 日焼けサロンに行き,初めての利用であることを店員に伝え,会員登録をします。会員登録時には,スマホが必要です。
  • どのマシンを何分使用するかを伝えます。初めてだとよくわからないので,「全身を紫外線が弱めのマシンで短時間利用したい」ことを伝えましょう。機種だと以下の赤枠のような定番機種は紫外線が比較的弱めのためオススメです。また,1回目の利用時間は10~15分程度が良いですが,10~15分のコースがなければ,一番短い時間にして時間の途中でマシンから出ましょう(私の1回目の利用は,30分の利用時間を選択し,20分で日焼けマシンを利用しました)。
  • 設置しているマシンの種類,値段は店舗により多少異なります。また,同じマシン・時間でも,夜の方が,少し値段が高くなります。
ザ・サンラウンジのマシンの一例
【ザ・サンラウンジのマシンの一例】

  • 受付で日焼け前に塗るジェルを購入したい旨を伝えます。4回分を500円程度で購入できます。お店で購入したジェル以外は利用できません。タオルは無料でレンタルできます。
  • 指定された個室に行き,服を脱いで,全身にジェルを塗ります。個室は驚くほど狭く,日焼け用のマシンとギリギリ着替えができるくらいのスペースがある程度です。
日焼けサロン内の様子(マシンが置かれている個室が沢山ある)
【日焼けサロン内の様子(マシンが置かれている個室が沢山ある)】

  • 時間になったら自動的に日焼けマシンの電源が入りますので,日焼けマシン内に横になります(立って日焼けするマシンもあります)。私は少しだけ閉所恐怖症な感じがありますが,マシンは完全な密閉区間ではないですし,いつでも自由に出られる構造のため,それほど気になりませなんでした。
日焼けマシンの写真
【日焼けマシンの写真】

  • 日焼けマシン内の頭を置くクッションの近くに,風の強さなどを調整できるスイッチがありますので,日焼け中もそれほど暑くなく,あまりストレスを感じません。日焼けのムラをなくしたい場合は少しずつ体勢を変えます。指定した時間になったら自動的に電源が切れます。繰り返しになりますが,最初は10~15分程度の利用にしましょう。私の初めての利用は20分ほどでしたが,翌日は日焼けが結構痛かったです。利用時間の途中でマシンから出ても全く問題ありません。
  • メガネ,コンタクト,その他装飾品は,日焼けの跡がつくため,全て外しましょう。また,使用中はまぶしいため,目をつぶりましょう。頭は日焼けしにくいようになっていますが,頭皮の日焼けが気になる方は,レンタルしたタオルを巻いたします。私は,タオルだとずれやすいので,水泳用の帽子を持参してかぶっていました。
  • 時間になると自動的に日焼けマシンの電源が落ちますので,シャワールームに移動し,シャワーを浴びます。シャワー後は,共有の洗面台がありますので,髪を乾かしたり,水分補給したり,肌のケアをしたりします。肌のケアをしたい人は化粧水などを持参する必要があります。私の場合は,初めての日サロは夜の遅めの時間に行ったので,夜に強い光を浴びた影響なのか,当日は寝つきにくかったですね。

 

4. 日焼けサロンに通っている人の特徴

日サロというとギャル・ギャル男,ボディービルダーしかいないと思われがちですが,意外とサラリーマンっぽい人もいます。

店員さんも明るい人が多く,自分たちの仲間が来たというような感覚で接客してくれます。

ですので,これから初めて通う人もあまり気を張り詰める必要はありません。

また,日焼けサロンの利用者のピークは夏の時期のようで,店員さんいわく,夏は待ち時間がある場合もあるようですが,私が通った冬は利用客が少なく,待ち時間なくすぐに利用できました。

5. 日焼けサロンに通って実感した効果

日サロの店員さんいわく,1週間に1度のペースでだんだん黒くするのが良いらしいので,私はそのアドバイスに従い,1週間に1回のペースで計4回通いました。

 

5.1 肌の変遷

①日サロに通う前,②初めて日サロの行った翌日,③初めての日サロの3週間後(3回通った後)の写真を以下に記載します。(日サロ4回通った後の写真は撮影していませんでした・・・)

照明の映り具合が違っていて見にくいのですが,日サロ前は白い肌ですが,日サロ翌日はお腹の部分が特に赤くなっています。初めての日サロは定番機種を20分だけにしたのですが,翌日は日焼けでかなり体が痛かったです(特に風呂に入るとき)。自分は比較的日焼けに強く,すぐ肌が黒くなるタイプなのですが,20分でも長いと思いました。初めての人は絶対10~15分くらいにした方が良いです。

2回目からは30分間日焼けマシンに入っても,痛みはなかったです。ですので,最初の1回目だけ日焼けする時間に注意しましょう。マジで日焼け痛いですよ!

また,1~2回通うと,普段日焼けしない箇所(お腹とか)の皮がむけてきましたね。

日サロに通って3週間後(3回通った後)は,肌が少し黒くなり健康的な見た目になりました(照明が暗いので,本来よりも黒く見えています)。

【日サロの通う前・通っている時の肌の色の変化】

 

5.2 メンタルが安定した気がする

日サロに通うことで,少しメンタルが前向きというか安定したと感じました。

うつになる人って,やっぱり家や会社などの屋内にいる時間が長いせいで,肌が白い人がほとんどです。逆説的な考え方になりますが,肌の色が真っ黒で,「私ウツなんです・・・」という人は見たことがありません。

本来は,人工的な光ではなく,自然の太陽光にあたるのが一番体に良いとは思いますが,生活スタイル的にどうしても日光浴ができない人は,日サロに通うのもアリだと思いました。

私は,継続的に通うほどでもなく,メンタルが落ち込んでいるなと思ったときに通えば良いと思ったので,1ヶ月(週1ペースで4回)だけ通って以降は通っていません。

ちなみに,日サロに通って日焼けしても,周囲からは特に何も言われませんでした。肌の色が薄茶色に変わっているので,気づかれている気はしたのですが,自然で日焼けしたと思われていたのだと思います。さすがに日サロに通っているとは思われていません(笑)

メンタルが落ち込んでいるなとか,ウツの前兆かもしれないと思った人は,思い切って日サロを試してみてはいかがでしょうか?私のように,ずっとオフィスで仕事をする人(エンジニア)とかは,試してみる価値はあります。

 

6. まとめ

本記事は,うつを予防・防止するために,日焼けサロンに通った体験談を踏まえ,日焼けサロンの利用方法,効果等を示したものです。本記事のまとめを以下に記載します。

 

  • 私は,仕事で太陽光に浴びる時間がないこと,メンタルが不安定な気がしてウツを予防・防止したかったため,日焼けサロンに通うことにしました。日焼けサロンには,週1回のペースで1カ月間(計4回)通いました。
  • 私が通った日焼けサロンは「THE SUN LOUNGE(ザ・サンラウンジ)」という全国に店舗があるお店で,その利用方法をお示ししました。
  • 日焼けサロンに通う前後の肌の色の違いを写真でお示ししました。1回目はものすごく日焼けが痛いので,10~15分の短時間の利用にした方が良いでしょう。2回目以降は,30分利用してもあまり痛くありません。
  • 日焼けサロンに4回通うと,通う前と比べて精神的に安定した気がしました。日焼けサロンによる日焼けは,うつの予防・防止に効果があると実感できました。

 

スーパー銭湯の露天風呂で効率的&綺麗に日焼けする方法【体験談】日焼けには,免疫力の向上,骨や筋肉が丈夫になる,うつ病の予防など,様々な効果があります。 私はほぼ毎日屋内でPC作業をしているため,う...