読書好きが本の要約サービス「flier(フライヤー)」で百冊以上読んでわかったこと

スポンサーリンク

毎月3冊ほどの本を読む読書好きの私ですが,本を読む時間を確保できない時があります。

そんな忙しいときでも,本を読める方法がありました。本の要約サービス「flier(フライヤー)」を使うのです。

フライヤーを使うことで,読書時間を短くすることができただけでなく,これまであまり読まなかった分野にも気軽に手を出すことが出来ました。

この記事は,読書時間を短くしたい人,本の結論だけ知りたい人,「flier(フライヤー)」に興味がある人に向けて,私が「flier(フライヤー)」を実際に使って考えたこと・感じたことをシェアするものです。

1. flier(フライヤー)とは

「flier(フライヤー)」とは,本1冊を約10分で読める文量に要約されているサービスです。

通常は1冊を読むのに数時間程度の時間が必要ですが,このサービスを使えば沢山の本を効率的に読むことができます。

【フライヤーのサイト】



2. flier(フライヤー)の良い点・悪い点

2.1 良い点


①本を読む時間の短縮
やっぱりこれが一番良い点です。本の種類によりますが,私は1時間で60ページ程度のスピードなので,1冊読むのに3~4時間程度かかります。

しかし,フライヤーなら約10分で読めてしまいます。

私は通勤や一人ランチの時に読んでいます。


②本のカテゴリーが多い
下図のように,スキルアップ,企業,政治・経済,自己啓発,サイエンス,健康など,多種多様な種類の本があります。要約されている本の数は約2000冊あります。

【フライヤーの本のカテゴリー】


③ランキング,イシオシの本,特集がある
フライヤーでよく読まれている本のランキング,その時々のイチオシの本や特集があるため,読む本が決まっていないときの参考にできます。

自分の読みたい本をピンポイントで選んでもいいのですが,このようなランキングや特集を参考にすると,自分が普段読まない分野の本に関わることが出来ます

【フライヤーのイチオシ本の例】

④スマホで読める
フライヤーのサイトかアプリを入れれば,スマホで手軽に読むことが出来ます。

本のPDFをスマホにダウンロードしておけば,オフライン(電波がない状況)でも,要約版を読むことが出来ます。


⑤要約の質が良好
フライヤーにある要約は,出版社・著者のチェックを経た高品質な要約です。

要約者による質のばらつき等は,それほど気にする必要はありません。


⑥音声版を利用できる
AIによる自動読み上げ機能があり,1冊を15分で聞くことができます。

音声は1.2倍、1.5倍、2.0倍の倍速対応しているため,2倍速にすれば,7.5分で聞き終わりますので,文章を読むよりも早く終わります。

2.2 悪い点

①読める本の種類に限りがある
約2000冊の本があるうえ,新刊・話題書・名作などが毎日1冊ずつ追加されています。

しかし,世の中には数えきれないほどの本があるため,必ずしも読みたい本がフライヤーにあるとは限りません。

②ストーリ性のある本を取り扱っていない
要約サイトは,結論を中心に約10分で読める分量に濃縮しているため,小説などのストーリー性がある本には向かず,そのような本は,フライヤーには扱われておりません。

③記憶に残りにくい
1冊を10分程度で読み終わるため,記憶に残りにくいです。これは時短というメリットと表裏一体の関係であるためやむを得ないでしょう。

しかし,要約版を複数回読み直すなどの工夫により,記憶に定着することは可能です。


3. フライヤーの使い方(どんな人に向いている?)

フライヤーは,以下のような人に向いています。


①本を読みたいけど,時間がない人(時短)

②本の結論を先に知りたい人

③本を購入する前に内容を確認したい人
(フライヤーで要約を読んで面白ければ本を購入して全部読むし,期待外れであれば購入しないという取捨選択に利用)

④文章を沢山読むのが苦手な人
(1冊10分なので苦になりにくい。また音声を聞く方法もある)

⑤普段読まない分野にも手を出したいけど1冊読むほどの時間を取りたくない人


私は,①の読書の時間短縮のために始めましたが,⑤の自分が普段読まない分野の本にも手を出したいけどあまり時間を使いたくないという使い方が特に便利だと思いました。

今でも,特に読みたい本は1冊買ってしっかり読んでいますが,フライヤーは流行りの本,ハウツー本,普段読まない本を読むときに使っています。

例えば,「スタンフォード式 最高の睡眠」という本をフライヤーで読むのは良いと思っています。
なぜなら,私が知りたいのは,どのような睡眠のとり方が良いのかであって,その理由の補足はそれほど重要でなく,結論だけ知ったら後は自分の体で試してみようと思うからです。

このような場合は,フライヤーがめちゃくちゃ便利です。


通勤時の電車等,一人で食事しているときなど,いろんな隙間時間に読んでいます。



4. flier(フライヤー)の料金

フライやの料金プランは,下表の3つに分かれています。

プラン 費用 無料の
要約コンテンツ
有料の
要約コンテンツ
フリープラン 0円/月
20冊程度利用可能
×
利用不可
シルバープラン 500円/月
20冊程度利用可能

5冊/月まで
ゴールドプラン 2,000円/月
読み放題

読み放題



現在は,シルバープランとゴールドプランが1ヶ月無料で利用できます

1か月間だけ無料で利用して,その後解約してもペナルティはありませんので,とりあえず読み放題のゴールドプランを1か月間無料で使い倒して,その後続けるかやめるか,プランを変えるかを検討してみるのが良いでしょう




なお,学生(社会人学生含む)は,以下のサイトより,ゴールドプランが60%引きの800円で利用できるので,よりお得です。
flierの公式サイトへ!学生さんはゴールドプランが学割プランで800円



5. まとめ

本記事のまとめを以下に記載します。

  • 「flier(フライヤー)」は,本1冊を10分で読める文量に要約されているサービスです。音声で聞くこともできます。

  • 約2000冊の本があるうえ,新刊・話題書・名作などが毎日1冊ずつ追加されています。本のカテゴリーが多いうえ,ランキング,イシオシの本,特集があります。

  • しかし,結論を中心に10分で読める分量に濃縮しているため,小説などのストーリー性がある本は取り扱われておりません。

  • ①本を読みたいけど,時間がない人(時短),②本の結論を先に知りたい人,③本を購入する前に内容を確認したい人,④文章を沢山読むのが苦手な人,⑤自分が普段読まない分野にも手を出したいけど1冊読むほどの時間を取りたくない人に便利です。

  • 値段は,読み放題のゴールドプランが2000円/月,5冊/月までのシルバープランが500円/月です。

  • 現在は,ゴールドプランが1ヶ月無料で利用できます。1か月間だけ無料で利用して,その後解約してもペナルティはありませんので,とりあえずゴールドプランを1か月間無料で使い倒して,その後続けるかやめるか,プランを変えるかを検討してみるのが良いでしょう。
読書
スポンサーリンク
エンジニアは考えた!!
タイトルとURLをコピーしました